キャバ嬢にとって“指名を増やす”という事は、お給料に繋がる最も重要な事です!
それでは、どうやったら指名を増やす事が出来るのか。
いくつかのポイントに分けてお話します。

会話術

 

キャバ嬢のお仕事で大事なことは、お酒を楽しく飲みながらお客様を楽しませること。
興味の無い話や、自慢話をされるような場合にもニコニコ笑顔で答え、相槌は欠かせません。

どんな世代の人が来ても対応出来るように、興味の無い分野も調べたり、ある程度の教養をつけ、「私は分かりません」と答えるようなノリの悪い事をしないよう気をつけなければなりません。

また会話も大事ですが、相手に気持ちよくなって満足してもらう為には、いかに相手の話に興味があるように出来るか、“聞き上手”になる事もかなり重要となってきます。
話が苦手な人は、まず“聞き上手”になる事から始めましょう。

勘違いしてはいけないのが、お客様はキャバ嬢の話を聞きに来ているのではなく、自分の話を聞いて欲しくて来ているので、聞き役に徹しなくてはいけない場合もあります。
自分の目の前のお客様がどんな接客を望んでいるのか見極めて、適切に対応する事が出来れば上級者です。

お客様をとにかく褒める!

 

褒められて嫌な人は絶対にいません。
お客様の良い所を見つけて、必ず褒めるようにしましょう。
その時にただ「すごい!」や「かっこいい!」と言うよりは、具体的に褒めると相手にも喜んでもらいやすくなります。

顔と名前を覚えてもらう。

当たり前な事ですが、次に指名されるには、自分を覚えてもらう必要があります。
いかにその人の印象に残るような接客をするか。
名刺に手書きのメッセージをプラスするなど、しっかりアピールしましょう!

また、同時に自分自身もお客様の顔と名前をしっかり覚えなくてはいけません。
「◯◯さんに会いたかったです」など、相手の喜ぶ言葉を言えると更に効果的ですよ。

応援したくなるような愛されキャラになる。

 

誰しもが頑張っている人を、応援したくなります。
ツンケンした態度では誰も可愛がってはくれません。
自分がお金を注ぎ込んで、この子を育てたいと思わせる事が重要となります。
時には可愛く「◯◯のお酒が飲みたいな♪」など、可愛くおねだりして甘えるような事も良いでしょう。

また指名を取る事だけではなく、一度指名を入れてくれたお客様をどれだけ長く自分指名に出来るかが重要です。
指名をしてくれたお客様は、心から大切にする事を心掛けましょう。