最低限のマナーとルールを知る

まだまだ人生経験が浅いうちに京都のキャバクラ店で働くことになる女の子もいるかもしれません。
キャバクラのようなお店で働くという心意気はとても素晴らしいですし、積極的に求人に応募してもらいたいもの。
でも、キャバクラ嬢は接客業ですから、最低限のマナーとルールを知っておくことがとても大切になってきます。

特に、お酒の席のマナー、これを知らないと大変なことになってしまうでしょう。
お客様として来店してくれる人の多くは社会人です。

つまり、大人のマナーやルールを知っている人たち。
そういう男性のお客様を相手にするキャバクラ嬢がマナーやルールを知らないとお店の売り上げにも響きますし、お給料を減らされてしまう可能性も出てきます。

過剰に酔ってしまうことは避ける

お酒の席のマナーで気をつけたいのが、過剰に酔ってしまうこと。
お店ではお客様にお酒をご馳走になることもあるでしょう。
ちょっと酔う程度であればしょうがありませんが、酒癖が悪いと自覚している女性は控えめにしておかなければいけません。

例えお酒のせいであっても、お客様に失礼があっては大変です。
京都のキャバクラのお客様は非常に心が広い人が多いですが、度が過ぎれば怒られてしまうこともあるので注意してください。

酔って誰かの悪口を言うなどは、キャバクラ嬢にとってのNGな行動となるので要注意。
お客様の悪口はもちろん、同僚やスタッフ、他店舗の悪口なども、もちろん言ってはいけません。

お客様やお店に直接関係のない家族や友人の悪口なども控えておきましょう。
お酒を飲むと口を滑らせてこういうことを言ってしまうキャバクラ嬢もいますが、中には誰の悪口であっても受け付けないお客様もいます。

横柄な態度にならないように気をつける

偉そうに足を組む、足を広げる、テーブルに手をつく、背もたれにもたれかかる、これらもNGな行動です。
横柄な態度が出ないように気をつけ、常に女性らしく振舞うことを意識してください。

話の聞き方にも注意しておきましょう。
キャバクラ嬢は聞き上手でなければいけません。
お客様の話がつまらないと感じても、しっかりと相槌をし、必ず反応するようにします。

話の聞き方を工夫する

相手の目を見て、基本的に笑顔でいることも忘れないでおきましょう。
話の内容に合わせて表情を変えることも大事です。
驚く仕草や残念そうな表情なども織り交ぜながら、相手の話をしっかりと聞いていることをさりげなくアピールすると効果的ですよ。

話の聞き方一つで、お客様に与える印象が変わってきます。
表情豊かで聞き上手な女性は京都のキャバクラでは重宝されますから、徐々にそれができるように心がけてみてください。
きっとそのお店の人気者になれますよ。