丁寧な接客を期待しているお客様が多い

キャバクラ嬢として働き出せば、ある程度の収入を得ることはできます。
でも、やっぱりたくさんのお給料をもらえた方がいいですよね。
そのためには、まずお客様に気に入られなければいけません。

特に、京都のキャバクラへ来るお客様は、丁寧な接客を期待していることが多いですから、その期待を裏切らないようにしましょう。

身だしなみに注意!

一番意識したいのは、身だしなみです。
素材はよくても、服装や髪型やお化粧が崩れていては、お客様は好印象を持ってくれません。
他のキャバクラ嬢はみんなキラキラと輝いていますから、その中でもしっかりとビジュアルでアピールしていかないと、指名を増やしていくことはできないでしょう。

逆に、自分に自信がない人でも、身だしなみをしっかりとしていると美しく見えるものです。
女性はお化粧や着るもので雰囲気がガラリと変わります。
髪型や服装などが乱れていなければ清潔感もあるように見えますし、とても品がいいという印象を持ってもらえるはずです。

接客中の言葉遣いに注意!

身だしなみと同じくらい意識したいのが、接客中の言葉遣い。見た目はいいのに言葉遣いがひどくて悪いイメージを持ってしまうという経験は、多くの人がすでにしているのでは?

キャバクラに来ているお客様も、キャバクラ嬢の言葉遣いが悪いと、それだけで一緒にいたいと思わなくなってしまうでしょう。
何も京言葉を使えなければいけないというわけではありません。
正しい日本語と丁寧な言葉さえ使うことができていれば、標準語でも問題はないのです。

大事なことは、お客様を敬うこと。
会話が弾むと、友達同士で話しているような言葉を使ってしまうキャバクラ嬢がたまにいます。
それではいけませんよね。
お客様はあくまでもお客様。
相手がオープンに会話をしてくれていても、その意識をキャバクラ嬢が忘れてしまってはいけないのです。

ナンバー1キャバ嬢を目指すなら『お客様を敬いながら親しみやすく』

それと同時に、親しみやすさも持っておきたい京都のキャバクラ嬢。
このバランスがとても難しいのです。
でも、この難しいバランスを上手に取れる人が、指名を多く獲得しナンバーワンになることができることも事実です。

ちょっとしたお小遣い稼ぎで京都のキャバクラで働こうと思っている女性は、ナンバーワンを目指していないかもしれませんが、指名が全く入らなければ収入も上がりませんし、気難しいお客様に当たってしまった場合、クレームが入ることも考えられます。

親しみやすさを持って、でも丁寧な言葉遣いと対応さえ忘れずに接客をすれば、そうしたクレームが入ることもなく、逆に指名によってどんどん収入が上がっていくはずです。